Wednesday, September 24, 2014

going back to SoCal...


getting into Portland, Oregon from Tacoma, Washington. cannonball is over but we have 1100 more miles to get back to Azusa.

さて、キャノンボールが終わったとは言えタコマからアズサまで1770kmほどの旅路が残っております。まずはワシントン州からオレゴン州のポートランド入り。
 
stopped by Dehen, who made the team sweters for us.

チームセーターを作ってくれたDehenに寄る。

and then after checking some local antique malls stopped by See See Motorcycles.

地元のアンティーク屋を巡回後、See See Motorcyclesに寄る。


they said they've never seen a motorcycle this old so we unloaded the indian :)

こんなに古いオートバイを見たことがないというので、インディアンを降ろす。

Thor!


and checking some more antique malls in some different cities.

また違う町でアンティーク屋を巡回しつつ移動、しつつ、アンティーク屋巡回。

made it to northern California!350 miles to go.

そして北カリフォルニアまで来た!あと560kmくらいでアズサ。近い!


stu2011.blogspot.com

Sunday, September 21, 2014

day 16: the end of the journey...



for the first time in a month, shinya sleeping peacefully without any worries.

まだ夕方だけど、1ヶ月ぶりくらいに安らかな眠りにつく木村氏。

niimie couldn't even make it to the bed...

こちらはベッドにたどり着けずソファでバタンキューのN美氏。


the cannonball farewell party

夜はキャノンボール終わりの会。
 




after the dinner, all the top 3 finishers in each class were announced and only one champion was awarded. and then host Paul d'Orleans announced out of the blue that there is a "spirit of the cannonball award" and called our names. what a surprise! we still think it's for all the cannonballers who participated in this crazy race but team 80 received it on behalf of the group just because we were the only team who entered all three of the cannonball on the same 1915 indian :)

全工程を走りぬいた人達の名前が呼ばれ、3つのクラスのそれぞれ上位3名の名前が呼ばれ、たった一人の優勝者の発表があり、すごいねーなんて言っていたら、突然チーム80が壇上に呼ばれた。そして、「キャノンボール・スピリット賞」なるものをもらってしまった。サプライズにもほどがある。過去3回のキャノンボール全部に同じモーターサイクルで参加したのはチーム80だけだったらしく、棚からぼた餅的に受け取ってしまったけれど、キャノンボール・スピリット賞はキャノンボールに参加した人全員のものだと思う。ただその中に我々も含まれていることがとても嬉しいのだけれども。


all cannonballers are signing their names on the panorama photo at taken by Michael Lichter at the start.

スタート地点のデイトナ・ビーチでマイケル・リクター氏が撮ったパノラマ写真にそれぞれの名前をサインするキャノンボーラー達。
 
photo by Michael Lichter                

it means a lot when we get warm congratulatory messages from our fellow cannonballers who experienced this unbelievably tough but fun endurance race together. 

we thank you all who have been following our incident-filled journey on this blog and instagram especially our clients who have been patiently waiting for their projects to be finished or started.

thank you Dehen, Wesco and Cycleman who provided us these cool team sweaters and racing boots. without them we would be just three stinky dirty wiredos. 

and team Toyooka! the parts made by you guys all survived and did a great job to keep our 99-year old indian running through 3,714 miles. thank you all so very much!

一緒にこのアンティーク・モーターサイクルで大陸横断という奇妙な体験をした仲間たちから嬉しい言葉をたくさんもらったこと、誇らしいし一生の宝です。ありがとう!

そして、ブログやインスタグラムを通してこの珍道中を応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。一ヶ月仕事の手を止めても辛抱強く待ってくださっているチャボとジャムズのお客さん達には感謝の気持ちでいっぱいです。

素敵で快適なチームセーターとブーツを作ってくださった日米のDehen, WescoそしてCyclemanの皆さん、本当にありがとうございました。馬子にも衣装とはこのことで、お陰さまで最もファッショナブルなチームだと 色々な所で褒めてもらい、どんなに汚れていても入店拒否などされることなくアメリカを横断できました。

チーム・トヨオカのみなさん、トヨオカ製の高品質のパーツのお陰で99歳のインディアンは5977kmを走りぬくことが出来ました。感謝してもしきれません。ありがとうございました!


photo by Sunny Okamoto                

and thank you team 80 and THE indian!! things we experienced here were too hard to put in words but at least i have lifelong super teammates to share these unique and most incredible memories.

そして・・・チーム80とインディアン、ありがとう。言葉では到底言い表せない数々の出来事や思いを一緒に共有できる友がいること、これぞ一生の宝。

stu2011.blogspot.com

stage 16: in tacoma...


found this guy in Tacoma wearing our old t-shirts. turned out that he was the one who stopped by our workshop 5,6 years ago with his friend and we also have a mutual friend. he came down from Seattle just to say hello to us and kept us company while we were desperately waiting for niimie and the indian to arrive. thank you!

タコマに着いてハラハラドキドキしながらN美氏を待っていたら、古いチャボTを着ている人を発見。あ!共通の友達がいて、しかも5,6年前に別の友達とチャボに来てくれた人だ!今日はシアトルからわざわざ会いに来てくれていて、本当はすぐに帰らなくちゃいけないのにずっと一緒に待っていてくれた。ありがとう。

oh! they are coming! actually we had a call from niimie a bit earlier that he got to the final check point but still our hearts went thumpety thump. until we see him and the indian at the goal...

おっと、ついに到着し始めた!ドキドキが止まらない。実は少し前に最後のチェックポイントに着いたとN美氏から連絡があった。が、ゴールにたどり着く姿を見るまではひとつも安心できない。

 #92 neracar!

チーム92、ネラカーが来た!

 Texas pride, team Carson!

やっぱりチーム・テキサスはテキサスの正装でゴール!


 i think i saw the black x yellow sweater...

あれ?黒x黄色のセーターがチラリと見えたような・・・
 
i wanted to capture THE moment but i guess i got overly excited and this is what i got...

ゴールする瞬間を撮りたかったのに、どれだけ興奮していたのか・・・このような写真に。しどい。

 right after the gooooooooool!!

ゴ=====ル!!(直後)
 
yes! team 80 made it!

チーム80、とうとうゴール!


 seems like a lot happened...but it's all right!

何だか色々あった模様・・・でも、ゴールできたんだからいっか!


 





in the meanwhile, the Seattle Cossacks motorcycle drill team began their performance.

そうこうしていると、シアトル・モーターサイクル・コザック隊のパフォーマンスが始まった。




we felt as if we were walking through a dream  and their performance took us further away from the reality... okay, this must be dream within a dream.

念願のゴールを果たしたとは言え実感がなく、何となく夢見心地でフワフワしていた我々。でも、このコザック隊のお陰で 完璧に「これは夢だ!」と確信。ものすごく不思議ワールドにいざなってくるコザック隊。夢、夢、ぜーんぶ夢。

  
to the parking lot but no more repair/maintenance. yes, this must be a dream.

駐車場に向かうN美氏とインディアン。でも、今日はメンテも修理もなくバンに載せるだけ。あ、やっぱり夢だな。


stu2011.blogspot.com

stage 16: to Tacoma...


 the last stage will be starting soon.

いよいよ最後のステージが始まる。
 
with the ranking number 1 #35 HC from South Africa and his 1924 indian scout. so happy and very proud to see one of the indians perform solidly in the race.

現在1位のチーム35、南アフリカから参戦のHCと彼の1924年のインディアン スカウト。過酷なレースでインディアンが健闘している姿を見れてなぜか誇らしい気持ちになる。
 
team #16 RR's 1936 indian chief "acceptance".

 チーム16、RRの1936年 インディアン チーフ 「アクセプタンス」

yep, those three are in the same race. our indian does look like a bicycle here :)

同じレースに参加しているとは思えない骨太でがっしり、モーターサイクルとしての形が完成されている1936年のナッコー達と自転車のようなインディアン。
 
CSS and PS
 

class I
 


Sunny(standing left of center in the picture) and Rin Tanaka came to cheer us from Japan and Calif.

サニーOカモト氏とTナカ凜太郎氏が、今回もまたまた応援に駆けつけてくださいました。ものすごくホッとして、元気をいただきました。ありがとうございます!
 



niimie stirred himself and off to Tacoma. at this moment we all had confidence in our indian, at the same time, we knew that anything could happen to the 99-year old poor lady. shinya and i believed that in any circumstances niimie could manage it with sheer determination.

絶対行ける!そう気合いを入れて出発するN美氏。「ここまで来れば最後まで行ける」とチーム80は全員インディアンを信じている。でも、何があってもおかしくないということも知っているし覚悟も出来ている。もう、思いっきりがんばれ、インディアン!あとはN美氏のど根性を信じてゴールで待つのみ!



.


stu2011.blogspot.com