Wednesday, August 17, 2016

our roots...


we always wanted to come but never had a chance to visit Manzanar. at this particular time of the year (Aug 15th is 71st anniversary of the end of WWII) we ended up here in Owens Valley, where it was far off from our usual going-back-to-Azusa-from-Bonneville route by accident. it's a simple country highway and we never took the wrong way before and we still don't know why and what happened to us but we were glad that we drifted off.

ずっと来たいと思っていたのになかなか来られなかったマンザナーに偶然たどり着いた。しかも終戦記念日の時期に。ボンネビルからいつもなら絶対に通らないまったく別方向のルートを走っていることに気がついたのは何もない大自然の中、同じ景色が果てしなく続くハイウェイを本当ならもうすぐヴェガスに着くかなというくらい、たぶんウェンドーヴァーから3時間以上走った頃。ちなみに、ボンネビルまでの往復は今まで何度も同じルートで行き来していて今ではGPSなんて不要、距離はあるけどとてもシンプル(2、3箇所くらい曲がるけどほぼ真っ直ぐ)で迷ったことなどない。なぜだろう。今思い起こしてもどこでどう間違えたのか分からない。不思議。      

it's located in foot of Sierra Nevada, surrounded by beautiful mountains. beautiful, that was the word we were repeatedly using along with oohing and ahhing looking at a magnificent view while we were driving. however, once we found out this was one of ten camps where all 110,000 Japanese-Americans and first generation immigrants from Japan, mostly lived in west coast, were forcedly relocated, we were shocked to see how different it looked all of a sudden. beautiful mountains became desperate wall. strong dry wind fomented hopeless. we've watched some documentaries and those words from survivors were echoing in our heads.

シエラネヴァダ山脈の麓、美しい山々に囲まれた壮大な景色に1分置きにウワァァ~とかウォ~とか雄大過ぎる~と叫びながら、道を間違えたにも関わらず能天気にチャボバンを走らせていた我々。ところが、マンザナーの標識を見つけ、ここが(西海岸に多くいた日系人が日本と交信・通信しにくくするためなるべく太平洋から遠い内陸)に急遽作られた10箇所の日系人収容キャンプ跡地のひとつだと知った途端に同じ景色がまったく違って見えることに呆然となる。我らの先駆者達にとってこの山々はどうのように写ったのかな。様々なドキュメンタリーを観ていたので、体験者のみなさんの言葉が色々蘇った。アメリカで暮らす者として自分達に置き換えて考えると、やるせない気持ちでいっぱいになる。


we are able to keep on going because of vanguard, those people who suffered and their efforts. we will never forget.

彼らが静かに諦めずに努力し勝ち取ってくださった自由のおかげで、私達は今こうしてアメリカで不自由なく暮らせていることを忘れてはいけないと改めて思った。行けて良かった!






Tuesday, August 16, 2016

our day on the salt continues...







it was soooooooooooooo amazing to see Spike and Sam's Miyata in the starting line. yes, they made it!

スパイクとSム氏のミヤータがスタートの列に並んでいる姿。そうです、やりましたよ、Sム氏のチーム・ミヤータ!数々の試練を乗り越えて、ついに走れるんです!これには本当にグッときました。


this guy. I-san of Shirley Mama. he's the chief mechanic of Sam's Miyata. he came all the way from Nagasaki, Japan to support Sam. without his effort and passion, along with Sam and his support crews', the Miyata wouldn't be in starting line today.

そして、長崎からSム氏のサポートのために駆けつけ、今回大活躍のシャーリーママのIリエ氏。Iリエ氏の本気とSム氏や他のクルーの熱い思いがなかったら、このミヤータはスタートラインに立てなかった。だから、ほんと、いい顔していらっしゃいます。







 the AJS (see photo on the top)

1枚目の写真のAJSが出走するところ。



 shinya and Spike right before the start.

スタート直前の木村氏とスパイク。







first pass wasn't so great. shinya changed jet in the van and ready for the second pss. then we found oil leak from a broken oil line. so we had to go back to our pit and fix that.

一走目はいまいち。で、バンの中でジェットを変えて2走目に並んぶ。ところが割れたオイルラインからオイルが駄々漏れし始める。これは一度ピットに戻って直さねば。



ok, Kiyo and his CB1620 Gekko is ready so we decided to head back to our pit after we see him take off.

おっと、Kヨ氏とCB750二個搭載の「月光」が走るぞ!ということで、出走を見てからピットに戻ることに。




 beau-ti-ful!!

おーー塩の上で見るとより一層カッコイイ!!

 never seen him so excited x nervous at the same time :) duh, it' his 'dream-come-true' moment, of course he gets excited AND nervous. and we all are so happy and excited for him.

写真で見るとめっちゃ緊張しているのが分かるね、Kヨ氏。自分の作ったオートバイをここで走らせるのはKヨ氏にとって(たぶん今塩の上にいる我々みんなにとって)夢のような話。緊張と興奮とごちゃ混ぜになって、やっぱりお花畑になっちゃうのは仕方ない。


and he made a successful rookie run. he's no longer a rookie on the salt! yay!

そして、見事ルーキーランを走りきった!Kヨさん、ルーキー卒業おめでとう!





shinya fixed the oil line and came back in the starting line for the second pass.

ピットに戻り割れたオイルラインをものすっごい速さで直し(速すぎて写真なし)、再びスタートラインにて2走目にチャレンジする木村氏。



when we were loading Spike on the return road, we saw Sam and his Miyata on the course, passed finish line and came onto the return road! very emotional and touching moment for us, too. so we ran over to him.

リターン・ロードでスパイクを積んでいると、Sム氏のミヤータがフィニッシュ・ラインを通り抜けて、リターン・ロードに向かってくるのが見えた!もう嬉しくて大感激!木村氏も筆者もかなりのテンション・マックス状態でSム氏に駆け寄る。


when the driver took off his helmet and head sock, we found out that it wasn't Sam! it was Sam's co-driver from Japan that we barely know. it became a bit awkward moment. but what a hell! it's just great. let's celebrate!

おや?Sム氏のテンションがちょっと我々と違うぞ。そっか、感激してもしかしたら涙で前が見えないのかな?Sム氏がヘルメットを脱ぎ、ヘッドソックを脱ぐと・・・あれれ?Sム氏・・・じゃ・・・ない!がびーん。しっかりご挨拶もしていない日本からいらしていたもう一人のドライバーの方だったのねん。ごめんなさい、かなり怖かったと思う。リターンロードでよく知らない感極まった邦人に駆け寄られちゃって・・・でもおめでたいことに違いないんだから、ま、いっか!

the 2nd pass wasn't good either. shinya changed jet and go for a third pass. at this point the line was empty, no wait time.

2走目も変わらず。再びジェットを変えて3走目に並ぶ。もう列はガラ空きで待たずにすぐ順番。



shinya said he felt sooooo good on the course but didn't see any improvement in speed...

もう本当に気持ち良いんですって、コースを走るの。ただ、スピードは変わらず・・・

 4th attempt before the course closes.

そして、コースが閉まる前にギリギリ4走目。





the speed didn't change much. he couldn't even beat his own personal record but again he said he felt so good on Spike on the course and he gave of his best so we are happy.

スピードは変わらず、自己ベストにも及ばず。でも、やっぱり相当に気持ちが良いらしい。やれることは尽くしたし、後悔なし。楽しかったし、やっぱりボンネビル最高!


though we wanted to stay until the last day of the SpeedWeek we better get going. we have Cannonball next and have tons of things to do before that. we'll come back next year. probably Niimie and Wata will be racing, too. ah, we love Bonneville. it was a pleasure meeting you all on the salt. thank you for your love and support. see you all next year!!

最終日までいたいのは山々ですが、キャノンボールが控えております故、我々のスピードウィークはこれでおしまいです。来年はN美氏、そしてWタナベ氏にも是非とも塩の上でレースしてもらいたい。そして、スパイクも前面的にてこ入れしてカムバックするぞ!今回ボンネビルでお会いした皆さま、温かい応援ありがとうございました。そして、KヨさんとKットさん、色々ありがとう!皆のおかげで最高の時間を過ごせました。また来年!






go Sepia go...


it's another great morning at the pit. our mission today is to put our teammate K and Sepia through a successful rookie run. shinya really wants K to experience and feel the awesomeness flying on the salt flats on an old bike that he says it's indescribable. that's something the only experiencer can feel. as a crew, i experience something different. when i see the rider take off successfully, hear the speed from CB radio, and reunite with him on the return road, that's where i feel euphoria :)

またまた素晴らしい朝でございます。本日のミッション。まずはチームメイトKにルーキーランを完走してもらうこと。なので、セピアにがんばってもらわないとなりません。そして、Kにランドスピード・レースの魅力をたっぷりと味わってもらいたい。これは走った人にしか分からないことだと思いますが、「古い乗り物で真っ白な平原を飛んでいる感じ」一度味わったら病みつきになる特別な感覚があるそうです。クルーの立場からだと、ライダーがスタートを切り、無線から記録が流れ、無事に走り終えてリターン・ロードで待っている姿を見た時に沸いてくる多幸感のようなものがありますが、ライダーが感じるそれとはまったく別の感覚なのでしょうね。いずれにせよ、ここではライダーもクルーも頭がお花畑になっているのは間違いないです。


and Spike is ready, too :P

そして、スパイクも準備オッケー。



in the rookie course starting line.

ルーキーコースの列に並ぶ。

Ralph Hudson, Ted Silver, Stacie B. London and the turbocharged GXSR1000. the team Ironwood Racing! record holder in APS/BG 1000 class. this time they marked 230.7 mph.

友達のチーム・アイロンウッド・レーシング。GXSR1000でレコード保持者だけど、ずっと自分のレコードと戦っている。今回のボンネビルではハンドルが取られるという初めての問題に悩まされていたけど、この後230.7マイル(369.12キロ)で新たなレコードを樹立。

Ironwood Racing crew SBL and shinya.

アイロンウッド・レーシングのサポートクルー、SBLちゃん。

awesome to have our new crew R (K's son). he's very smart, sharp and a fast learner, learn everything by watching. he's an athlete so he physically very tough and super tall and good looking young fellow ;p

今回はチームメイトKの息子氏Rがクルーとして参加。とても気が利くし、何でも見てすぐに覚えるし、(レースの時はそれぞれがそれぞれの役割に忙しくて質問攻めしてくる人が周りいるとかなりストレスになる)アスリートなので体力があるし、それに、背がめちゃめちゃ高くてカッコイイという完璧さ。こうやって若い世代にもレースの楽しさが伝わっていくと嬉しいな。





Johnny, going for another record in different class. go Johnny go!

別のクラスでまたまたレコードを狙うJ。裸に革つなぎという色々想像するとちょっとアレだけど、そんなのどうでもいいと思えるくらい真剣でカッコイイよ、J!






 you can't start without your support crews. great teamwork.

クルー皆の力でライダーを送り出す。良いチームだな。




ok, it's our turn. return to the rookie run. go for it K!

いよいよ我々の番。仕切りなおしてルーキーラン。フィニッシュできますように!




and he did! it was a successful rookie run. what a great smile and he's not rookie anymore! yay!

そして、成功!良い笑顔!これで晴れてルーキーを卒業。おめでとうK!

we were all so happy :)

自分が走るよりドキドキしていた木村氏もホッ。

going for second pass, shooting for a triple digit!

すでに病みつきになってしまったK、そのまま2走目。今度は3桁を目指す!





a panhead racer.

パンヘッド。



ok, let's go!

さて、2走目いきますか!


99.95 mph!  very close to a triple digit but good for a first time and for a stock (almost) 70-year-old motor. this is where the fun begins. next time, he'll go faster :) way to go, K! "it's not so easy to work on two bikes at the same time but it worth doing it", shinya said :) 

99.95マイル(159.95キロ)おしい、三桁に届かず!でも、こういうのが楽しい。初めての挑戦でほとんどストックの70歳のエンジンにしては上出来。そして、この悔しさが次に繋がるのです。「完全に中毒になってしもた!」と笑うKを見て、木村氏は実は2台同時にレースするのはかなり大変だったんだけど、やっぱりやって良かったと心から思ったそうです。